公益財団法人 日本少年野球連盟

ボーイズリーグ中日本ブロックブロックニュース

連盟本部スローガン ボーイズリーグ中日本ブロックスローガン

ブロックニュース

2021-07-31:19時20分
連盟から『7月31日付お知らせ』です
連盟本部より「7月31日付お知らせ」が発出され、リポビタンカップ第52回選手権大会は感染予防ガイドラインを徹底して予定通り開催することになりました。詳細よりご確認ください。
2021-07-26:22時14分
優勝!豊川ボーイズ・岡崎中央ボーイズ合同チーム
7月25日、ノザキ製菓アイリスパーク野球場(三重県桑名市)にて第36回日本少年野球中日本大会小学生の部の準決勝・決勝戦が行われ豊川ボーイズ・岡崎中央ボーイズ合同チーム(愛知県東支部)が優勝を飾りました。

優勝:豊川ボーイズ・岡崎中央ボーイズ合同チーム(愛知県東支部)
準優勝:四日市ボーイズ(三重県支部)

最優秀賞:田村将輝君(豊川ボーイズ・岡崎中央ボーイズ合同チーム)
敢闘賞:山本麗汰君(四日市ボーイズ)

 優勝した豊川ボーイズ・岡崎中央ボーイズ合同チームを指揮する福島浩章監督は『このチームはずば抜けた選手はいませんが、常に元気よく全力プレーを心掛け、みんなで一つになれるいいチームです。次の選手権大会で相手は関係なくみんなが自分の力を100%出せれば結果はついてくると思います。まずは自分たちの野球をしてほしい』とコメントをいただきました。
主将の河合英伸君は『中日本大会でチームが優勝するためにキャプテンとしてみんなで声を出して流れを持ってくるように努力しました。次の選手権大会でも優勝したい』と次の大きな目標に笑顔で答えてくれました。

昨日の中学生の部に続き小学生の部も『LIVE配信』に挑戦しました。中学生の部と合わせると計6試合のライブ配信で、良かった点・反省点など確認することができました。10月に予定しています第16回中日スポーツ杯中日本秋季大会にもYouTubeによるライブ配信をできればと考えています。依然として新型コロナウイルスが猛威を振るう中、夏の甲子園大会も無観客に決まり、コロナ禍で自由に野球観戦ができない中、遠方でも試合が楽しめる様、今後も配信していきます。また、春に開催の中日本大会がコロナ過で延期になり厳しい日程の中、小学生の部も本日無事閉幕いたしました。
ご協力いただきました各支部、チーム関係者様、父母会様、本当にありがとうございました。


  • 写真1枚目
  • 写真2枚目
  • 写真3枚目
  • 写真4枚目
  • 写真5枚目
  • 写真6枚目
  • 写真7枚目
  • 写真8枚目
  • 写真9枚目
2021-07-24:19時55分
中日本大会 愛知尾州ボーイズ優勝!
7月24日、いなべ総合学園グラウンドにて読売杯第36回日本少年野球中日本大会中学生の部が開催され、中日本ブロック8支部32チームによる熱い戦いは幕を閉じ、愛知尾州ボーイズ(7年ぶり3回目)が優勝を飾りました。
先攻 愛知尾州ボーイズの福田心穏君の先頭打者ホームランで試合の幕が上がったが、その裏すぐに福井中学ボーイズも1点を返し同点に、更に2回・3回と毎回得点で前半戦は福井中学ボーイズが4対2でリード。インターバル直後の5回表1アウト満塁で平野天斗君のセンター前ヒットで逆転に成功したがすぐに福井中学ボーイズも5回裏に同点。その後6回に愛知尾州ボーイズが大きな3点を追加した。最終回の7回裏、福井中学ボーイズ先頭バッターの4番酒井大地君のセンター前ヒット、単打で2アウト満塁から押し出しで1点。1番那須一斗君が初球をライト前に2点タイムリーで同点。熱闘は延長戦に入り8回表、林里樹君の2塁打後、2アウトから本間琥大君の勝ち越しタイムリー、更に平野天斗君の3塁打で3点リード。最後は山本顕匠君が抑えてゲームセット。170分の激闘の末11対8で愛知尾州ボーイズ(愛知県西支部)が7年ぶり3回目の優勝で幕を閉じました。
優勝した愛知尾州ボーイズ(愛知県西支部)の藤川正樹監督は『この大会は初戦から四日市ボーイズさん、2回戦Wで岐阜中濃ボーイズさんとよく練習試合もやり、お互いに切磋琢磨しあうチームとの闘いで非常に厳しい戦いでしたが、今のうちの選手たちの力を図るのに非常にいい大会になりました。特にピッチャーの伊東は支部予選、ジャイアンツカップ予選では非常にばらつきがあったが、岐阜中濃ボーイズさん相手に80球1失点、昨日の準決勝も完封と選手の成長につながった』とこの大会での選手たちの成長を感じ、最後に『選手権大会頑張ってきます』とコメントをいただきました。
愛知尾州ボーイズ 主将 林 里樹 君のコメント
『苦しい決勝戦になり、どうなるかわからなかったが優勝できて本当に嬉しい。自分のプレーが思うようにできず、チームに貢献できなくてなかなか主将としてチームを鼓舞する事が出来なかったのが反省点です。全国大会に向けてまた練習に励みます』とコメントをいただきました。
今大会MVPに輝いた愛知尾州ボーイズの本間琥大君は『本塁打を2本打った福田君が呼ばれると思っていたので自分の名前が呼ばれたときはびっくりしました』と微笑みながら来月から始まる選手権大会に向け『春季全国大会でホームランを打ったので選手権大会でも打ちたいです』と次の選手権大会への抱負も聞かせてくれました。

春に開催の中日本大会がコロナ過で延期になり厳しい日程の中、本日無事閉幕いたしました。ご協力いただきました各支部、チーム関係者様、父母会様、本当にありがとうございました。

  • 写真1枚目
  • 写真2枚目
  • 写真3枚目
  • 写真4枚目
  • 写真5枚目
  • 写真6枚目
  • 写真7枚目
  • 写真8枚目
  • 写真9枚目
  • 写真10枚目
2021-07-22:23時21分
中日本大会 LIVE配信のお知らせ
中日本大会LIVE配信について中日本ブロック広報委員会からのお知らせ。
7月23日、北勢球場(三重県)にて中日本大会中学生の部(準決勝第1試合・第2試合)のLIVE配信をテスト的に配信いたします。
中日本ブロックとして初の試みになり、明日はいろいろと試験的(調整)な配信予定になります。お見苦しいところも多々ございますがお許しください。
*中日本ブロックとしてテスト的な部分も含め初の試みになります。不具合やその他の原因で3日間配信ができなくなる場合もございます。

配信スケジュールは詳細よりご確認ください。
詳細のURLをクリックして視聴してください。
2021-07-22:10時18分
第15回全日本中学野球選手権大会ジャイアンツカップ トーナメント決定!
8月16日(月)から開催される第15回全日本中学野球選手権大会ジャイアンツカップのトーナメント表が決定しました。

東海地区出場チーム
東海地区A代表:愛知西リトルシニア
東海地区B代表:裾野リトルシニア
東海地区C代表:岐阜中濃ボーイズ

トーナメント表は詳細よりご確認ください。
2021-07-19:21時45分
BL-1級審判講習会 開催
7月17日、静岡県の菊川球場にて、連日の不安定な天気を感じさせない快晴の中、指導員11名受講者15名でBL1級審判講習会が行われました。目的、課題、テーマをしっかりと見据え、磐田ボーイズの選手にご協力いただき強い日差しの中、汗を流しました。
今回ご協力をいただいた磐田ボーイズ2年生の選手3名から感想をいただきました。
山本真永君
今日の審判講習会を受けて、審判さんたちは『すごい!』と思いました。理由は、ジェスチャーや大きな声を出してセンターまで聞こえないといけないからです。また、審判さんも一球一球、選手たちと一緒で動かないといけないから大変だなと思いました。そして審判さんは選手たちよりも仕事が多く、中でも球審が一番大変で、ストライクゾーンの判定やファールかフェアの判断などたくさんの仕事がありました。これからは試合中に審判さんに感謝の気持ちをもって試合をやりたいです。

植田万里君  
先日の審判講習会にお手伝いとして参加させていただきました。
そこで僕は審判さん達が、一生懸命、講習会に臨み、少しでもレベルアップしようとする姿を見て、自分も当然負けていけないと感じました。そして野球は一人では出来ないという事。審判員の皆さん達がいなければ僕たちが当たり前のようにやっている試合も出来ないという事を改めて痛感しました。これからも僕たちを支えてくれる人たちがいる事を胸に強く刻み、スポーツマンシップに則り真摯に野球と向き合っていきます。

木俣都和君
今日僕は審判講習会の手伝いがありました。審判講習会ではきわどいタイミングを判定する練習や、いろいろな場面を想定して正確な判定をする練習をしていました。僕は手伝いをしている時、自分にも勉強になる事がとても多かったので良かったです。審判さんがいるおかげで僕たちは試合ができています。僕はこれから審判さんに感謝の気持ちを忘れないでいきたいです。
3選手からうれしいコメントをいただきました。

本日サポートしていただきました磐田ボーイズの選手、関係者様、父母会の皆様、ありがとうございました。
  • 写真1枚目
  • 写真2枚目
  • 写真3枚目
  • 写真4枚目
  • 写真5枚目
  • 写真6枚目
  • 写真7枚目
  • 写真8枚目
2021-07-17:11時26分
ジャイアンツカップ東海地区B代表決定
7月17日、アルカディア南部総合運動公園硬式野球場にてB代表の決定戦が行われ裾野リトルシニア(静岡県)がB代表として第15回全日本中学野球選手権大会ジャイアンツカップに出場が決定しました。B代表決定戦の詳細は速報よりご確認ください。
2021-07-11:23時49分
鶴岡大会選抜メンバー 中学生の部
7月11日、午後より岡崎市の龍北総合運動場野球場にて、8月20日から広島県呉市で開催される第21回鶴岡一人記念大会の中日本ブロック選抜メンバー(中学生の部)が集結しました。
松本ブロック長より激励のお言葉と中日本ブロックオリジナルマスクの贈呈があり、各選手自己紹介後、練習をスタート!今年の主将を務める寺島 貫太君(愛知豊橋ボーイズ)は『8支部の選手が集まり、一緒に野球ができることに感謝し、楽しんで野球をしたいと思います。そして、中日本は2018年には優勝しているので、僕たちも優勝目指して頑張りたいと思います』とコメントをいただきました。数少ない全体練習ではありますが、チームワークと野球の楽しさをプレーで、そして中日本ブロックの選抜選手として、試合中はもちろんの事、あらゆる場所でのマナーも中日本ブロックの選抜選手として頑張ってください。

全支部で応援しています!

1.寺島 貫太 愛知豊橋ボーイズ
2.杉山 秀真 西尾ボーイズ
3.手島 慈元 岡崎中央ボーイズ
4.山本 晴輝 小松ボーイズ
5.森 亮太 富山ボーイズ
6.古谷 龍斗 鯖江ボーイズ
7.野村 和弘 福井中学ボーイズ
8.太田海輝翔 浜松ボーイズ
9.森井 皓大 富士ボーイズ
10.山田 頼旺 名古屋緑ボーイズ
11.長野 晴太 名古屋中央ボーイズ
12.板野煌太朗 愛知尾州ボーイズ
13.福田 陸 尾張ボーイズ
14.境 亮陽 岐阜南ボーイズ
15.森 厳徳 岐阜青山ボーイズ
16.北 陸翔 桑員ボーイズ
17.岡 拓久朗 四日市ボーイズ
18.酒井 大地 福井中学ボーイズ
19.漆畑 穣 島田ボーイズ
20.舘 颯人 東名古屋ボーイズ

皆様の熱い声援、よろしくお願いいたします。

  • 写真1枚目
  • 写真2枚目
  • 写真3枚目
  • 写真4枚目
2021-07-11:22時45分
鶴岡大会選抜メンバー 小学生の部
8月20日から広島県呉市で開催される第21回鶴岡一人記念大会の中日本ブロック選抜メンバー(小学生の部)が豊川市にある三河一宮ボーイズ専用球場に集まり、元気な自己紹介の後、練習をスタートしました。
今年の小学部主将の藤田崇矢君は『今回、中日本代表選手に選ばれた事を誇りに思います。そして全国の選抜チームと戦えると思うと、とてもワクワクしています。チームとして集まれる機会は限られていますが、連携を深め自分たちを信じて、全力で戦います』とコメントをいただきました。

1.藤田 崇矢 東海ボーイズ
2.松村 堅守 中京ボーイズ
3.中島 龍之介 東海ボーイズ
4.桐谷 奏佑 岐阜ボーイズ
5.山本 麗汰 四日市ボーイズ
6.舘 希竜 四日市ボーイズ
7. 渡邊 駿 津ボーイズ
8.今泉 清 三河一宮ボーイズ
9.倉橋 成颯 岡崎中央ボーイズ
10.清水 鉄平 岡崎葵ボーイズ
11.深田 琉生 愛知幸田ボーイズ
12.木下 夢翔 愛知豊橋ボーイズ
13. 筒井 蒼 新城ボーイズ
14.河合 英伸 豊川ボーイズ
15.長坂 成悟 豊川中央ボーイズ
16.山﨑 優心 豊橋ボーイズ
17.糸魚川 輝 春日井ボーイズ
18.青山 獅王 春日井ボーイズ
19.杉山 璃空 稲沢中央ボーイズ
20.松浦 大悟 稲沢中央ボーイズ

皆様の熱い声援、よろしくお願いいたします。
  • 写真1枚目
  • 写真2枚目
  • 写真3枚目
  • 写真4枚目
  • 写真5枚目
  • 写真6枚目
2021-07-11:22時01分
ジャイアンツカップ東海地区A・C予選 結果
7月11日、三州ボーイズ専用グラウンドにてジャイアンツカップ東海地区A予選の決定戦が行われ、愛知西リトルシニアが第15回全日本中学野球選手権大会 ジャイアンツカップに東海地区A代表として出場が決定しました。
同日、C代表の決定戦も行われ岐阜中濃ボーイズの出場が決定しました。
A地区2位の小牧リトルシニアは17日に行われるB代表決定戦に出場いたします。各結果とB代表決定戦の案内は詳細よりご確認ください。

^ ページの先頭へ